高級キャバクラやクラブ・ラウンジに体験入店(体入)する際の流れや仕事内容・税金について

キャバクラやガールズバーなどでお馴染みの”体験入店”ですが、高級クラブやラウンジにも体入システムは存在します。
そもそも”体験入店”とは、入店を決める前に「お試しで働く」こと。
求人情報だけでは分からない実際の《お店の雰囲気・お客様層・スタッフや先輩キャストの人柄》などを知り、入店後のミスマッチを防ぐことが可能です。
「自分の希望に合ったお店かどうか」を確認できる体験入店は、女の子側とお店側、双方にとってメリットがある制度と言えます。

目次 [閉じる]

『高級キャバクラ・クラブ・ラウンジの体験入店について』
  1. 【体験入店の流れ①:面接】
  2. 【体験入店の流れ②:着替え】
  3. 【体験入店の流れ③:接客】
  4. 【体験入店の流れのまとめ】
『高級店と一般キャバクラの仕事の違いについて』
『高級店はやっぱり面接は厳しい?』
『高級店における体験入店のお給料について』
  1. 【体入でも税金はかかる?】
  2. 【日払いは可能?】
  3. 【一般キャバクラとの差はある?】
  4. 【体験入店のお給料についてのまとめ】
『高級店の体験入店(体入)に関してよくある質問』
  1. 【ルックスなどは求められますか?】
  2. 【今までの経験・スキルは必要?】
  3. 【高級店ほどキャストの関係がバチバチしていそう…】
『高級キャバクラ・クラブ・ラウンジ体験入店(体入)についてまとめ』

『高級キャバクラ・クラブ・ラウンジの体験入店について』

体験入店がどういうものなのかを理解した上で、どうすれば体入ができるのか。
続いては「体験入店の流れ」について解説をしていこうと思います!

前知識のない状態でいきなり接客をするのは、誰でも不安に感じるもの。
夜職未経験の方であれば尚更、お仕事を覚えることに必死で「本当に自分に合ったお店かどうか」を見極めるのは難しくなります。
【大まかな流れ】や【持ち物】そして【見ておくべきポイント】を予め押さえておくことでスムーズに体入ができ、お店の雰囲気もチェックしやすくなることでしょう。

【体験入店の流れ①:面接】

気になるお店を見つけたら、まずは応募をして面接の日程を決めていきます。
中には面接後にそのまま体験入店ができる店舗もあるため「面接だけ」なのか「そのまま体入もする」のかも相談しておきましょう!

では体験入店をする場合は、どのような物が必要になるのか。
下記にまとめたのでぜひ参考にしてみてください!

~体験入店に必要な物~

《ドレス・靴》
水商売においては、ドレスを着てお仕事することがほとんど。
お店によっては私服で勤務できたり、ドレスや靴などをレンタルできたりするので、衣装を持っていない方でも準備なしでお仕事を始めることが可能です。
ただ、レンタル品に関しては既に不特定多数の人が使い込んでいるものが多いので、自分で事前に用意をしておくのが良いでしょう。

《ポーチ・ミニバッグ》
お仕事をする際に必要な道具を入れる、ポーチやミニバッグも必需品のひとつ。
こちらも貸し出しを行っているお店はありますが、種類や数に限りがある場合もあるので自分が一番使いやすい物を用意をしておくことをオススメいたします。

【ポーチに最低限入れておきたいものはこちら!】

・ハンカチ2枚
お客様のグラスに着いた水滴を拭くのに1枚と下着が見えそうになるのを防ぐための膝掛用に1枚、《計2枚のハンカチ》を持っていると便利です。

・ライター
喫煙をするお客様であれば、その煙草に火をつけるのもキャバ嬢のお仕事のひとつ。
ライターは無くしやすい物でもあるので、予備でもう1つ用意しておくと良いでしょう。

・ボールペン
オーダーシートにお客様のご注文をを書いたり連絡先を聞かれたりした際に、サッと対応できるよう必ず持ち歩いておくべきアイテムです。

・名刺入れ
体験入店時は、お客様に自分の名前と連絡先を書いてお渡しするための「空名刺」を渡されます。
そのため、名刺を収納するための《名刺入れ》も準備しておくと良いでしょう。

・メイク道具
こちらも必ず持ち歩いておきたい必需品です。
お手洗いや待機席などでサッとお化粧直しができるよう、たくさんの道具ではなく最低限のメイク品をポーチに入れておくと良いでしょう。

《ヌーブラ》
高級店だけではありませんが、お客様の前で接客をする際は、いつも以上に身なりに気を付けておく必要があります。
ドレスを着用する際に下着が見えてしまったり胸元がはだけてしまわないよう、しっかりと自分に合ったヌーブラを準備しておきましょう。

《ストッキング》
キャバクラではストッキングの着用が義務付けられてることがほとんど。
お店の中には、レンタルを行っていないところも多いため、伝線をしてしまった際の予備を持っておくと安心です。

上記で紹介したものはもちろんですが、もし分からないことや不安なことがあれば面接の際に予め聞いておきましょう。

また、高級店においては最低限のマナーや常識があるかどうかも重要視されます。
面接時間ギリギリになったり、遅刻をしてしまうと、それだけでマイナスイメージが付いてしまうので到着時間には余裕を持っておくと良いでしょう。

【体験入店の流れ②:着替え】

水商売のお仕事と言えばドレスのイメージがあると思いますが、お店のコンセプトによっては私服(ワンピース)や着物などで勤務するお店もあります。
「どんな服装で行けばいいか分からない」なんて時は事前に確認をしておきましょう!

着替えが終わったら次は「ヘアメイク」です。
一般的なのが、『お店専属のスタイリストさん』か『提携先のセットサロン』でヘアメイクを行うパターン。
自分でヘアメイクを行うキャストさんもいますが、セットのクオリティによってお客様の反応も変わっていきます。
未経験の方や、ヘアメイクが苦手な方は、なるべくプロの手でヘアセットしてもらうのが良いでしょう。

【体験入店の流れ③:接客】

準備が整ったら、いよいよお仕事開始です。
最初は先輩キャストやスタッフに付いて接客の流れを覚えていきましょう。
お仕事を始める前に簡単な講習を行ってくれるお店も多いため、未経験の方でも安心してスタートすることが可能です。

業務内容は『お客様とお話をする』『煙草に火を着ける』『ドリンクを作る』など様々ですが、体入において何よりも大事なのは「笑顔を忘れない」こと。
緊張で表情が堅くなってしまうと、お客様にもその緊張が伝わってしまいます。
そんな時は、あらかじめ『今日は体験入店です』とアピールしておくことで、お客様も温かい目で見守ってくれることでしょう。

【体験入店の流れのまとめ】

いかがでしょうか?
ここまで『体験入店の大まかな流れ』についてご紹介してきました。
先述したように体験入店の最大のメリットは「自分に合ったお店かどうかを知れる」こと。
当日になって焦ってしまわないよう、準備すべきものを覚えておくことで落ち着いてお店の雰囲気や働きやすさをチェックすることができますよ!

『高級店と一般キャバクラの仕事の違いについて』

体験入店の流れについて分かっていただけたでしょうか。
中には、「普通のキャバクラと高級店って何が違うの…?」という方もいるでしょう。

同じ”キャバクラ”であれば、基本的に高級店と一般のお店でお仕事内容に大きな差はありません。
ただ、お客様の予算が高い分クオリティの高い内装やサービスを求められます。
お客様もハイクラス層の方が多く来店されるため、盛り上げるためのトークスキルはもちろん、落ち着いた大人の接客技術も必要になってきます。

~クラブ・ラウンジの場合~
高級店と呼ばれるお店の中には『クラブ』や『ラウンジ』といった業種のお店も多数あります。

”キャバクラ”との大きな違いはなんと言っても、「ママ」がいること。
お店の雰囲気やルールもママによって異なることがあるため、体入前にしっかりと確認をしておきましょう。

また1対1で接客を行うキャバクラとは違い、クラブやラウンジなどではお客様一人に対して複数人でおもてなしをするのがほとんど。
特にクラブではお客様一人に担当(係)が付く「永久指名制」をとっているので、体験入店の際はそのサポート役としてお仕事をすることになります。
分からないことがあればすぐにフォローしてくれるのため、未経験の方でも安心して働くことが可能です。

『高級店はやっぱり面接は厳しい?』

「高級店って普通のキャバクラより採用基準が厳しそう…」と思う女の子も少なくはないはず。
面接内容に関しては、大衆店と高級店とで大きく変わることはありません。
しかし、一流企業の社長や役員、芸能関係者、政治家などハイクラス層のお客様がご来店される高級店では、より女の子の質を重視して採用を行うお店が多く誰でも面接が受かるわけではないことを知っておきましょう。

では、高級キャバクラやクラブに採用されるためには最低限どのようなポイントを意識すればいいのでしょうか。
今回は3つのポイントに絞ってご紹介いたします。

~面接時のポイント3選~

■ルックス■
面接において見られる点の一つ目は、第一印象の大半を決める「見た目」。
高級店の場合、大衆店よりも容姿のレベルを求められることが多いと言えます。
もちろん「美人だけが採用される」というわけではありませんが、普段から美容に気を使い自分磨きをしていれば、自然と魅力的に見えてくるはず。
面接前にも「顔が浮腫んでいないか」「メイクがしっかりされているか」など、お客様の前に立つことを想定して、身なりの確認をしておくと良いでしょう。

■マナー・立ち振る舞い■
高級店では、プライベートで利用される方だけではなく、接待の場としてご来店されるお客様も多数いらっしゃいます。
そのため、失礼のないマナーや言葉遣いができているかも重視されることの一つです。
面接の際は、最低限「元気に挨拶」ができるように意識しておくことが重要なことだと言えます。

■働き方の希望■
お店側と女の子側の”希望条件が合わかどうか”も採用においては大切なポイント。
ポテンシャルが高い子であっても、お店側との条件が合わなければ不採用になってしまうこともあります。
中には「多少条件が合わなくても採用したい」という場合もあるので、お互いにしっかりと相談をしておくと良いでしょう。

『高級店における体験入店のお給料について』

体験入店の流れや面接について説明しましたが、さらに気になることの一つと言えば”お給料の面”ではないでしょうか。
時給については、エリアや女の子のスキルによっても変動するため、一概に相場を出すことはできません。
ですが高級店に限らずお給料のシステムを知っておくことで、理想と現実のお給料とのギャップをなくすことができます。
自分がどのくらい稼ぎたいのか、実際に受け取れるお給料はどのぐらいなのか、しっかりとイメージをしておきましょう。

【体入でも税金はかかる?】

夜のお店ではお給料から必ず引かれる税金があります。
それが『源泉税(所得税)』です。
こちらの税金は体験入店時でも発生し、実際に稼いだ分の10%を引かれたものがお給料として手元に残ります。

例えば時給4,000円で3時間勤務をした場合、12,000円分を全て受け取れるわけではありません。
お給料として貰えるのは『源泉税』を引かれた《10,800円》ということになります!

また『源泉税』に関しては、女の子の代わりにお店側が納めるお金なので、もし副業として働いている方でも本業の会社にバレてしまうということはありません。
副業の年間所得が20万円以上になってしまった場合は確定申告して『住民税』を納めなければなりませんが、体験入店1回ぐらいであれば会社に昼職の給与明細に影響がでることはないので安心してください。

~その他の引かれものについて~

■送り代■
ほとんどの高級店では、勤務後にご希望の場所まで送り届けてくれる待遇があります。
送りにかかる料金に関してはお店ごとにことなってきますが、500円~3,000円で設定している店舗が多いです。
距離ごとに料金が変わることもあるので、きちんお店側とのすり合わせもしておきましょう。

■ヘアメイク代■
ヘアメイクを利用した際も料金が発生する場合があります。
相場は1回500円~1,500円ほどで、美容室を利用するよりもお店専属のヘアメイクさんにやってもらう方が安いケースが多いです。

■衣装レンタル代■
お店で衣装を借りる場合にかかる代金です。
ドレスと靴で別々に料金を設定しているところもあり、引かれたお金は衣装のクリーニング代や新しい衣装の購入費として使われることがあります。

■厚生費・雑費■
こちらはお店ごとに変わるため一概には言えませんが、主にロッカーやトイレの利用料という名目で引かれることが多いです。
相場は500円~1,000円で、厚生費や雑費は天引きしていないところもあるので事前のチェックは欠かさないようにしましょう。

上記でご紹介したものはお店によって”無料”で利用できるところもたくさんため、余計な出費を抑えたいという方は面接時に聞いておくことをオススメします。

【日払いは可能?】

一般のキャバクラであっても高級店であっても、体験入店の際は《日払い》でお給料を受け取れることがほとんど。
手渡しでの支給か銀行振り込みかはお店ごとに異なってくるので、面接時に聞いておくようにしましょう。

【一般キャバクラとの差はある?】

キャバクラという業種であれば差ほど給与システムに違いはありません。
ただ、『クラブ』の場合は「係」と呼ばれるお客様の担当ホステスがおり、その場合は「完全歩合制」としてそのお客様の売り上げ全てを「係」が受け取ることができます。
しかしヘルプさんにはそもそも指名が付いていないため、体入時は日給で支払われることが多いです。

【体験入店のお給料についてのまとめ】

本入を決める前の体入時だからこそ、そのお店の給与システムを確認しておくことが大切です。
税金の他にも不当な引かれものがないかなど、しっかりとチェックしておくと良いでしょう。

『高級店の体験入店(体入)に関してよくある質問』

高級店の体験入店について解説をしてきましたが、ここで女の子からよく寄せられる質問にお答えしていきます。
ぜひ参考にしてみてください。

【ルックスなどは求められますか?】

先述したように、高級店の場合は一般のキャバクラより容姿のレベルを求めれられることが多いです。
普段から美容に気を遣うだけでも、魅力的に見えるので自分磨きを怠らないようにしましょう。

【今までの経験・スキルは必要?】

「高級店って採用基準が高いから経験がないと厳しそう…」と思う方も多いのではないでしょうか。
初心者さんでも採用を行っているお店もいくつかありますが、やはり経験者さんの方が面接を通りやすいのが事実。
未経験から高級店に挑戦してみたいという方は最低限お客様の失礼にならないような、マナーや立ち振る舞いを身に着けておくことが大切になります。

【高級店ほどキャストの関係がバチバチしていそう…】

夜職を始めるにあたって、気になることの一つと言えば《人間関係》についてですよね。
もちろん、人気商売であるナイトワークではキャスト同士の派閥があることも多数。

ある意味”個人仕事”と言えるキャバクラでは「お客様を掴めなければ戦力外」という厳しい側面もあります。
しかし「永久指名制」というシステムがあるクラブやラウンジでは、初めからお客様が付くことがないのでヘルプのお仕事がきちんとできていれば「ママ」や「係」の人と信頼関係を築くことができるでしょう。

『高級キャバクラ・クラブ・ラウンジ体験入店(体入)についてまとめ』

いかがでしたでしょうか。
高級店での面接や体験入店で知っておきたい点や気を付けておくべき点について解説をしていきました。

《面接での採用基準》や《一般のキャバクラとの仕事の違い》《体験入店に必要なもの》《給与システムについて》など…
前知識をしっかりと頭に入れておくことで本入後のイメージをより明確にでき、満足のいくお店選びをすることができます。

また未経験者さんでも経験者さんでも、初めてのお店でのお仕事は緊張してしまうもの。
当日スムーズな対応をするためには、数をこなすことはもちろん、事前準備を怠らないことが重要です。
そのために今回ご紹介したことをぜひ参考にして、理想の夜職ライフを送ってくださいね!